現在の会社で働き続けるには?

どうしよう・・・第二新卒だから、転職先が決まらない

現在の会社で働き続けるには?

会社に入って3年以上経過した人に働き続けたいか訪ねた時に「はい」と答えられる人が3分の2程度という統計情報がある。

これは入社3年以内の第二新卒と呼ばれる層が転職市場の1ジャンルを占めることの裏付けとなっているといえるだろう。

実際にはそう思っていても半分の人は現実的には会社にとどまって過ごしているが残りの、即ち全体の3分の1の新卒者が3年程度で現実的に転職へと進路を変更しているというのである。

これはかつての終身雇用を当たり前として考えてきた年代の人には驚きである話であるが、その一方で、もちろんかつても特にバブルの頃に特に企業研究もしないまま、会社のブランド名に踊らされて仕事をはじめたものの数年で転職をした人たちもいること、あるいは一般的な感覚として一通りの仕事を経験した3年程度のとことで「自分はこのままこの会社で生きていくのか」という疑問を胸の中に抱えることはごく自然の心情でもあるといえよう。

ただ、以前と違うのはそこで実際に退職や転職に動くかどうかのところでかつてあった「途中で会社を辞めると何かと不利」というブレーキが退職制度などもなくなり、転職によるリスクが減った現実によりなくなってきたのが、前述の結果に繋がっていると推察される。

新卒ばかりではなく自分のいる会社で働き続けるということはとても大切なことでもある。

自分の思っていた仕事ではない、職場の人間関係が難しい、その他様々な理由で転職を考える人が多いが、果たして転職することで自分の望む仕事に就けることになるだろうか?

今の仕事や職場への不満から逃げ出すための転職であればそれは必ずしも望む結果に繋がらないことはよく肝に銘じておくことがいいだろう。

つまり例えば人間関係などの場合次の職場が必ずしも同じようなシチュエーションにならないという補償はない。

むしろ大き目の企業であれば何年か毎にある異動に期待をする、相談機関などを利用するという方法もあるだろう。

特に仕事に不満がなく おかれた環境に問題がある場合は、自分に問題がないと考えるのであれば、他の手段を用いて環境を変える努力をしてみる価値はあるかもしれない。

あるいは企業の規模にもよるが異なる職種への転換などもトライできるのであれば相談してもいい。

色々な努力をした上であらためて転職と言う選択肢を検討するのがやはり一番無難な道ではあるだろう。

ただし何事にも例外はある。

無理して働き続けて心身をいためてしまうほどの我慢はする必要はないので、自分だけで考えず、周囲や適切な相談機関からアドバイスを受けながら一生のことと認識しつつ「自分はどこでどのように働きたいのか」を考えていくようにしよう。

Copyright (C) 2013 第二新卒の転職を成功させるために All Rights Reserved.