第二新卒に有利な業界

どうしよう・・・第二新卒だから、転職先が決まらない

第二新卒に有利な業界

第二新卒として転職活動をする場合、退職からのブランクを短くするためになるべく早く新しい職場を探して働きたいと思うのは当然です。

では、第二新卒としての転職を目指す時、採用されやすい有利な業界はあるのでしょうか。

新卒入社から3年以内という短い間で退職しているというマイナスイメージがつきやすい第二新卒ですが、その中でも「サービス業界」や「IT業界」また「人材業界」などが比較的第二新卒でも受け入れられやすい業界と言われています。

サービス業界やIT業界と言ってもさまざまなジャンルに別れていますが、それぞれの業界について共通しているのは「人材の流出が激しい業界である」ということです。

サービス業界は長時間営業や24時間営業の店舗が増えたり、一般的な会社勤務と違い勤務時間や曜日が流動的であったりすることから、長年勤務できる人材を確保しづらく人材の流出も多いと考えられています。

IT業界や人材業界に関しては、IT技術の急激な進化や働き方の多様化にあわせてマーケットが拡大してきた業界なだけあり、人材の流出だけでなく単純に人材不足になっていることもあるようです。

常に人材が求められていると言うことは第二新卒としてでも転職しやすいと言うことですが、同時に採用されてすぐたくさんの仕事を任せられる可能性もあります。

新しい職場でも実力を発揮しようと思うモチベーションがあれば問題ありませんが、新卒入社の退職からブランクがある場合、思わぬハードワークで体調を崩したりしてしまわないように気をつけたいところです。

しかしこれらの業界で新しい人材が多く求められているのは事実ですので、第二新卒となってからなかなか転職先が決まらないという人や、多少のハードワークでもこなせる自信のある人は、これらの業界を狙って転職を目指してみるのも良いでしょう。

またIT業界は新卒や第二新卒でも初任給が高めであることが多いので、年収アップを狙っての転職ならIT業界もオススメです。

Copyright (C) 2013 第二新卒の転職を成功させるために All Rights Reserved.